近藤太香巳サイト TOPへ

僕に相談!
近藤 太香巳がみなさんからの悩み・相談にお答えします!
どんな小さな事でも結構です。みなさんのモヤモヤをずばり解決していきます。
ご質問の一覧を見る

2007年9月10日

1〜2年後、主人の年収が大幅なダウンとなりそう。
そこで思い切って起業の道を考え準備中です。
妻としてどのようにサポートすればよいでしょうか?

35歳の専業主婦です。
主人の職場があと1〜2年でなくなる予定です。
新しい職場へは希望すればいけるようですが、
大幅な年収ダウンとなります。
そのため主人は転職、というか起業を考えて今から準備中です。
社長にお聞きしたいのは、主人は年末にも仕事をやめて、
新しい仕事に専念したいようなのです。
もし、失敗しても何とでもなるし、絶対成功させるということなんです。
その考えは甘くないでしょうか?
それともそれくらいがけっぷちにたったほうがいいんでしょうか?
子供が二人いるし、子供に対する責任があるので、
妻として応援したい気持ちもありますが、決めかねています。
また、このような時どのように夫をサポートすればよいのか・・・
いい年をして恥ずかしいのですが、教えていただければと思います。

ゆまるさん・女性・35歳

近藤 太香巳の回答

「絶対に成功させる」始まりの時は、その根拠のない自信が
挑戦する勇気となる。だから、ご主人のその言葉は甘くないよ。
あとは想いの強さ。そして、どんな事業を行うのかということになる。
ただ、実業家の道は厳しいよ。奥さんもきっと苦労する。
例えるなら、創業期の最低5〜10年は、ガムシャラな時期になると思う。
ヒヤヒヤする事も数えきれない程あるだろう。

僕は何度も、割に合わない!って思ったもんだ。(笑)
経営者は休日に頭の切り替えすら出来ない。
遊園地でジェットコースターに乗ってても悩んでいる。
いついつまでにアレが出来ないと・・・でもやるしかない!
そうなれば分かると思うけど、遊びたくなくなる。
失敗は成功のもとなんて言ってられない。
経営者にとって、失敗は倒産のモトだ。

常に竹刀ではなく真剣での勝負。怖いよー!ビビったかな?
でもおぼえておいて。それが経営者となった旦那さんのプレッシャー。
その覚悟は絶対に必要。じゃないと必ず失敗する。
テレビはいつも派手でお金持ってる!ってなシーンを撮りたがるけど、
19歳から20年間もこの世界にいる僕は知っている。
調子にノッた人は消えて行くってね。

重要なのはここからだよ!要は苦労する覚悟があるかどうか。
ホント辛く厳しい!でもね、ヤリガイがあるんだ。
勿論、上手くいったら最高に嬉しい。
本気の世界には、素晴らしい仲間ともめぐりあえる。
成功すれば色々な意味で、心も懐も豊になれる。
こうした現実を基にして、
旦那さんとゆっくり互いの価値観も含めて、語り合ってほしい。
なにも、経営者の道だけが幸せに近いとも言えないし。
ただ、それでも彼が本気で覚悟していると感じたら、
心から深く応援してあげてほしいな。

旦那さんの事を、この世で一番信じてあげて下さい。
だって回りは評論家。上手くいってない時は、やっぱりな!
無理なんだよ!っていうから。
きっと、そんな中、妻であるあなたの支えが必要になるでしょう。
それが僕からのアドバイスです。

最後に、いい歳して恥ずかしくはないですよ。
これからの人生に大きく関わる事柄ですからね。
迷い戸惑って当たり前です。でも、どんな選択になるにせよ決めたら、
過去を振り返る事なく、後悔なしで前向きにゆきましょう(^^)